催眠にチャレンジしてみよう

最近、催眠というワードが様々な場所で取り上げられるようになってきています。そして、こういったものに興味があるという方がいらっしゃるのであれば、自分にかけることができる自己催眠というものを行ってみられるといいかもしれません。こういったものは、トレーニングをしていくことで効果を実感していくことができるでしょう。勉強嫌いが治ったり、不安を解消させることや、ストレスの解消などにもつながります。自己催眠をかける方法などもたくさんあり、音楽を聴いてリラックスする方法や、体操をしてリラックスする方法などもあります。また、イメージして行っていくことや刷り込みをしていくことなどもありますので、自分に合っている方法を見つけていかれるといいかもしれません。かなり役に立ってくるものですので興味がある方は始めてみられるといいのではないでしょうか。

自己催眠が生活の役に立ちます

日々の生活を送っていると、ストレスというものは避けてとおることが難しいでしょう。また、こういうストレスというものは、溜まりはしますが解消するのにたくさんの労力がかかってしまいます。そしてもしかするとそんな時間はないという方もいらっしゃるかもしれません。そこで、もしも短い時間の中でストレスなどを解消したいという方がいらっしゃるのであれば、自己催眠というものを行ってみられるといいかもしれません。この自己催眠というものは様々な方法があり、その中でも簡単なものが、自分に言葉を言い聞かせるということです。毎日のように自分に言葉を言い聞かせているとその言葉通りの考え方に変わってきます。ですので、ストレスが溜まらないような言葉を自分で考えて、それを自分に言い聞かせるようにされると少しずつストレスを減らせるかもしれません。

催眠術と心理学の関係

テレビなどで催眠術を見た事がある方は、うさん臭いとかテレビ的な演出だろうといったイメージを持たれるでしょう。実際アレは番組上の演出で出演者も演技をしているケースが多いのですが、元々は決して嘘やインチキではなく、脳科学の理論に基づいた心理学の一環でありその存在は証明されています。アメリカでミルトン・エリクソンという医師が催眠療法を広めたとされ、以降、精神疾患など様々な病気の治療に役立てられてきました。同療法を実践した心理学者の一人としてジークムント・フロイトが有名ですが、彼は患者を一方的に治療する従来の方法から、同じ立場で話を聞く事に視点を変えていました。その結果、患者を催眠状態に誘導してから病気の原因となった過去の出来事を語らせる事を発案します。これが後のカタルシス療法であり、この手法を用いた事がフロイトの理論形成に大きな影響を及ぼしたと言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です